お休みシーズンの身体の不調

立川市、国立市、日野市!
ホリスティックたちかわ整骨院スタッフが情報を提供してまいります!

明けましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願い致します!


私事ではございますが、、
年末から年始にかけて、
よし!またこれからがんばるぞ!
と思っていた矢先に
年末から久しぶりに
風邪をひいてしまいました。。

酷くはなかったので大丈夫でしたが、
健康のプロなのに自分の体調管理の甘さに
ものすごく反省しました。
やはり風邪というのはひきたくありませんね。

新年が明けて、
患者さんとお話をしている中で、
お正月はいかがでしたか?
と聞くと、
風邪をひいてしまって、、、
とか
体調が良くなくて、、、
とおっしゃる方が
あまりに多いので驚きました。

というのも
お正月休みに入る方が多いので、
気が抜けて今までの疲れが
一気に出てきているという
パターンが多かったんだと思います。

これは自律神経の問題で
こういうお休みシーズンには
起こりやすいものではあります。

加えて、
年末年始における
飲み会なんかでの暴飲暴食

これによって内臓にも疲労が
蓄積していってしまうので、
より一層、身体の不調が
顕著に現れてくる傾向が強いです。

やはり日頃からリラックスを心掛けたり、
内蔵を強くしていかなければいけませんね。

実は、
このリラックスと内蔵を強く、
というのはリンクしてきます。

リラックスというのは
先ほども話に出てきた
自律神経の働きによるものです。

自律神経というのは
・緊張する神経
・リラックスする神経
のふたつの神経を合わせた呼び方です。

そして、
暴飲暴食に関係する内蔵のひとつは
胃腸ですが、
この胃腸を支配している神経が
自律神経になります。

胃腸は、
緊張する神経が働いているときは
活動が鈍くなり、
リラックスする神経が働いているときに
精力的に活動しだします。

つまり、
身体が緊張しているときには
胃腸は動いていない

胃腸

これでは胃腸に負担がかかってしまうので
内蔵も弱くなっていってしまいます。

このふたつのリンクは
非常に大事なことで、
体調管理には絶対に必要なことです。

目一杯がんばってお仕事や
家事や育児、
日々の雑務こなすことは
素晴らしく、かつ大事なことですが、
資本であるご自分の身体を
ないがしろにしてしまっては
結果的に効率も良くはならないでしょう。

オンオフの切り替えをしっかりできるように
こん詰めていることにハッと
気づいたときに
深呼吸をして余裕を持つこともまた
非常に大事なことだと思います。

せきね