動かす事は膝の栄養

立川市、国立市、日野市!

ホリスティックたちかわ整骨院スタッフが情報を提供してまいります!

 

毎日ほんとうに寒いですね。

せっかくの寒波を堪能せんと冬ならではのアクティビティを楽しんでる方も多いでしょう。

対して すっかり体が重くなり、休みの日は部屋でゴロゴロぬくぬく・・・

これが一番の贅沢な気がします(笑)

激しいスポーツは緊張をともないますし、怪我のリスクが高まります。

その緊張感が味わいたくて辞められないんですけど(笑)

ここで少し気にしていただきたいのが休息について。

じっと動かないこと。  体を休息させること。

同じように見えますけど、実はかなり意味が違うのです。

たとえば・・・

くつろいでテレビを見る。 ソファで読みたかった本を読む。

のんびり好きなことをしている時間ですが、休息としてはどうでしょう。

足を組んだり、横すわりだったり・・・

長時間ゆがんだ姿勢でいたなら、これは休息とはいえないですよね><

ゆがんだ姿勢

長時間じーっとしていると、血流が悪くなり、肩こりや腰痛の原因になりますよね。

寒さもあるのでしょうか・・・立ち上がる時に膝が痛んだりしませんか?

膝の関節部分の軟骨、どうなってるのか気になりますよね。

軟骨部分は血管が通っていないため、筋肉などの組織とは少し違っているのです。

肩こりや腰こりのように血流をよくして・・・というだけではないんですね。

関節を包む組織の膜から関節液に、関節液から軟骨へ、

動かすことでポンプのような働きをして酸素や栄養が浸み込んでいくのです。

 

血液やリンパ液の流れを良くするために

食事漢方サプリメントで血液をサラサラにしたり、

入浴ツボ押しリンパマッサージなどがよく言われる方法ですね。

 

肩こりだけでなく関節までケアするなら、痛みのない範囲で

ストレッチ筋力トレーニング有酸素運動などで積極的に関節を動かし

軟骨に栄養をあげましょう。

ただし急に激しい運動をするのは逆効果なのでご注意ください。

ご自身の体力や症状に合わせて取り入れられる運動など

お気軽にご相談ください^^b

 

たかざわ