妊娠中に湿布をはっても大丈夫?

立川市、国立市、日野市、国分寺市、武蔵村山市、昭島市|

ホリスティックたちかわ整骨院スタッフが情報を提供してまいります!

 

先日の話ですが、

イクメンぱぱの患者さんから

奥さまの腰痛の事で相談を受けました^^

 

”妊娠7ヶ月になり腰痛がひどくなったので

湿布を貼ってもよいか?とのことでした。”

 

色々な考え方があると思いますが、

個人的にその答えはNO!です。

妊婦の腰痛

 

一般的に湿布(薬)は成分の含有量や

その質によって第1類から3類、医薬部外品に

分けられ

第3類、医薬部外品は妊娠中でもOK!

第2類は、OKな物とNGな物があるので、医師、

薬剤師、登録販売員に応相談。

第1類はNG

といった具合になっています。

 

具体的には第3類のトクホン、サロンパスAe、

アンメルツヨコヨコはOK

第2類のサロンパスEX、アンメルシンは応相談

第1類のバンテリン、サロンパスEX、ボルタレン、フェタス

はNG。

インドメタシン、ボルタレンを含んだ湿布

は妊婦さんには禁止となっています。

 

上記のように妊婦さんでも使用可能な薬(湿布)

はあるのですが、薬というものは後から重篤な副作用が発見されることもありますし、

 

体質が変わりアレルギー症状を引き起こす事も

あります。

 

湿布は薬です!

 

例外なく、第3類、医薬部外品の湿布でも

その成分は体内に吸収されるわけですし、

腰痛の根本的改善には決してなりません。

 

腰痛解消にはもっとやった方が良い事、

やるべき事があります。

 

てな訳で、なるべくなら妊婦さんや、

授乳中は湿布の使用は控えた方が良いのでは

ないでしょうか?

 

それでは次回、

腰痛解消にもっとやった方が良い事、

やるべき事

”妊婦さんの腰痛改善セルフケア法”

ご紹介致します。

 

”妊娠時の腰痛”でお困りでしたらホリスティックたちかわ整骨院へご相談ください。

併設  たちかわ腰痛センター

 

みやの