もし交通事故に遭ってしまったら!

立川市、国立市、日野市!

ホリスティックたちかわ整骨院

スタッフが情報を提供してまいります!

みなさんこんにちは!スギ花粉がだいぶ

飛んでますね、花粉症でイライラMAX!

な方も多いんじゃないかと思いますが、

車の運転にはくれぐれも気を付けてくださいね。

さてみなさん、もし不幸にも交通事故に遭って

しまったらどうしますか?冷静に対処できますか?

気が動転しパニックにならないためにもしっかりと

パニックブレーキ

いざという時の知識を身に着け心の準備をしておかなく

てはいけません。詳しくは国土交通省のポータルサイト

等を参考にしていただければと思いますが

まずは

1、”人命を第一”に考えて行動をしなくてはいけません。

けが人がいたら安全な場所に避難させ、

重症なようであれば動かさず救急車が来るのを待ちましょう。

そして、冷静になるために目を閉じゆっくりと複式呼吸を

2,3度行い気持ちを静めてください。

2、次に警察に連絡です(義務です)

救急車を呼んだ場合は消防署から警察に連絡がいきます。

単独事故でも警察に報告する義務があり、

何かを壊してしまった場合、交通事故証明書

を発行してもらわなければ保険金はおりません。

面倒でもちゃんと警察に連絡しなくては

いけないということですね。

3、二次、三次の災害を防ぐために三角表示板、

紫色の回転灯や発煙筒やなどで存在をしらせる

事が必要です。高速道路ではそれを怠ると

罰則にあたります。

邪魔でも用意していたほうが良いですね。

4、相手がいる場合は相手先の連絡先、車のナンバー

勤務先、保険会社などの情報を聞いてください。

事故処理には必要なことです。

5、目撃者の確保

相手方ともめた時に証拠になります。

いざという時に証言をして頂けるようにお願いし

連絡先を聞いておきましょう!

6、事故時の記録をなるべく詳しくつけましょう。

写真も事故に関係があるものはすべて

撮っておくと良いですね。

7、加入している保険会社に連絡し、事故処理を

お願いしましょう。時間が絶つと保険がおりない場合

があるのでなるべく早く連絡を入れましょう。

8、病院、整骨院に行きましょう!

交通事故の後遺症は後になって出る場合が

あります。なるべく早く受診ししっかりと

身体のメンテナンスをしましょう!。

交通事故の事例

むちうち、捻挫、打撲など交通事故による

怪我、後遺症でお悩みなら

ホリステックたちかわ整骨院へ

ご連絡ください!

みやの