交通事故体験談2 (自転車)

立川市、国立市、日野市!

ホリスティックたちかわ整骨院スタッフが情報を

提供してまいります!

車の事故も怖いですが、自転車はもっと怖いです。

車にはきちんと試験に合格して免許証をもらって初めて道路にでられますよね。

しかし・・・自転車はどうでしょう?

自転車

車やオートバイの免許のある人も、免許も交通ルールの知識のあまり無い人

老若男女どなたでも気軽に乗れますね。

さらに自転車は車両であるにもかかわらず、道路の状況に応じて歩道を走ることが許されていたり、

車道でも走行車線にかかわらず一番歩道側を走る・・・など、車とは違ったルールの元で走行しています。

対抗して走行してくる自転車の相手は交通ルールを知っているかどうかわかりません。

また自分も相手には、わからない存在でもあります。

気軽に乗れるぶん、知らないと怖い面が多くあると思います。

自転車のルールが現在のように改定される以前のことですが

雨の下り坂で歩行者をよけた所が、道路沿いのビルのタイルの上でした。

それまで気がつかなかったのですが、濡れるとツルツルして大変滑りやすい材質だったのです。

一瞬で自転車が大きな音をたてて倒れ4~5m先まで滑っていきました。

私はどうやったのか、走行していた勢いで2~3歩ほど走って立ち止まっただけで無傷でした(汗)

しかし近くに学校があり、その時も学生さんたちが大勢歩いていた時間帯。

誰にもぶつからずに済んで本当に本当に良かったです。

事故・・・には至りませんでしたが、

自転車に乗っていてヒヤリとしたお話です。

今後は子供達も自転車に乗る機会が増えますので、自転車保険に入ろうと検討中です。

また、自転車安全整備店で点検・整備 して TSマークを貼ってもらうという方法もお勧めです。

TSマークの保険は自転車にかかっているので、家族や友人が乗っていても適応される利点もあります。

点検・整備と自転車の保険が同時に行えて良いですね。

交通事故怪我以外にも、転びそうになった拍子にどこか痛めたりする場合もあります><

違和感を感じたら遠慮なくご相談ください。

スタッフたかざわ