幼児、児童の交通事故後遺症!

立川市、国立市、日野市!

ホリスティックたちかわ整骨院

スタッフが情報を提供してまいります!

こんにちは!みやのです(^^)

前回、私の投稿で

交通事故に遭われて来院された

方のお話をしましたが、実はその事故の時

幼い子供も2人同乗していて

はじめは二人とも特に症状は無かったのですが、

数日たってから夜泣きや夜尿症の悪化、頭痛、

首筋の痛みなどの症状がが現れてきたのです。

辛かったと思います(>_<)

原因を探るべく二人の身体の歪みや関節の動き、

筋肉の状態、神経の反射などを調べたところ

軽いむち打ち症と体のバランスがかなり崩れていて

あまり良い状態ではありませんでした。

幼児

そこで、二人に整体をしたところ

幸い2人とも1回目の施術で症状が無くなり

その後、経過観察で二度来てもらってますが

今のところ症状もなく良い状態となっています。

今回はおそらく交通事故が原因で、

首筋などを痛め、身体のバランスが崩れた

ことにより後になって症状が現れたのですが、

もしお母さんが異変に気が付がつかず

そのままにしていたら、2人は将来もっと重い

後遺症で健康を害してしまっていたことでしょう。

はじめ病院では

「子供はあまりレントゲンは撮らない方がいいし、

たぶん大丈夫でしょう様子を見てください。」

と説明があり、保険会社さんも

「子供の場合、身体が柔らかいし自賠責保険が

おりないことがありますから様子を

見てきただけますか?」と言われたそうなのです。

確かにレントゲンなどは極力とらない方が

良いし子供ではなおさらでしょう。

それにレントゲンでは筋肉や靭帯など

軟部組織と言われるものは映らず

骨に異常がなければとる必要がないのです。

だからといって骨に異常がなければ

子供の場合ほおっといても良いというものではなく、

その軟部組織の状態や関節の動きを知るために

しっかり触って動かしてどこか異常はないか

健康体かしっかり検査する必要があります。

多くの先進国の病院ではオステオパシーや

カイロプラクティック手技療法により

それらはなされているのですが、日本では

残念ながらまだそういう概念が少ないのです。

幼児や子供でもむち打ち症にもなりますし、

後々になって症状がでることは少なくありません。

しっかりと目で診て、触って、動かして

筋肉や関節などの状態をしっかり

チェックしなくてはなりません。

飲酒交通事故

幼児や子供が交通事故に遭った時の対応として、

体が柔らかいから、自然治癒力が高いから

特に治療はしなくても大丈夫と軽視される

ことがあってはけしていけないのでは

ないでしょうか?

交通事故に遭った子供たちが健康を損なう事無く、

健やかに成長するために今からしっかりと

その土台を創っていきたいと考えています。

みやの

 交通事故の事例