正しい投球ホーム

立川市、国立市、日野市!

ホリスティックたちかわ整骨院

スタッフが情報を提供してまいります!

みなさんこんにちは!

みやのです^^

前回、野球肘予防と改善には

正しい投球ホームが必要不可欠

という事をお話ししました。

今回は具体的に正しい投球ホーム”について

書かせて頂きます。

みなさんは自分の投球ホームに自信がりますか?

100%ある!という方は少ないと思います。

ほとんどの方が70~80%は

自信があるが実際はどうだろう

といったところではないでしょうか?

では正しい投球ホームとは何か?

それは、

最も高いパホーマンスを生み出し、

かつ解剖学的にもっとも

負担のかからないもの”です。

野球肘

実際、アマからプロ選手まで

十人十色の投球がおこなわれており、

それにより肘や肩など身体を壊す選手、

全くもって頑丈な選手、

結果が出せる選手とそうでない選手と、

その差は投球ホームによって現れています。

.

あの野茂英雄や,松坂大輔,田中マー君は

言わずと知れたスーパー選手ですが,

それでも肘を痛め戦線離脱をした過去があります。

3人のピッチングホームを観ると

その原因が解ります。いずれも

下半身の重心移動から、足の接地時に

つま先がホームベースに向いておらず

その為、

腰の回転不足となってしまい、

それを補うため肩、肘の関節の回転に頼った

投球ホームとなっています。

その結果、

肘を痛めてしまったのではないでしょうか?

このように正しい投球ホームでは

”下半身からの力が腰、背中、肩、肘、手首、

指先、ボールへとうまく伝導し、身体に

無理なく投球できていなくてはならない”のですが、

ただそれは、なかなかできそうでいてできないのです。

”身体のバランスや、筋肉や関節の状態をしっかり

良好な状態にしていかなくては、

うまく力の伝道はなされないのです。”

何かご質問とうございましたら

ご連絡いただけたらと思います。