熱中症にご注意を!

立川市、国立市、日野市!
ホリスティックたちかわ整骨院スタッフが情報を提供してまいります!
こんにちは!

最近どんどん気温が高くなってきましたね。
衣替えはもうお済みでしょうか??
気温が高くなってきて
注意が必要になってくる病気が
『熱中症』です。

今回はこの熱中症について
書いていこうと思います。
よろしくお願いします!
まず、熱中症とは、
暑い環境に身体がついていけず、
身体に様々な症状が出てきてしまう
暑い環境への適応障害です。
よくある疑問として、
熱射病、日射病、熱中症の分類が
よく分からないというものがあります。

熱中症とは、
熱射病と日射病などを総称したものをいいます。
症状としては、
めまい、失神、嘔吐、筋肉の痙攣、
筋肉痛、全身の倦怠感など、
重度のものになると言語障害も出てきたりします。
どんな人に注意が必要なのかですが、
小児、高齢者、運動部の学生、
肥満傾向にある方などが挙げられます。

特に小さいお子さんなどを、
ベビーカーに乗せて外出した場合は
地面との距離が近いので温度が高くなりますし、
まだ汗をかく機能が未発達なことがあるので、
熱を身体に溜めやすく注意が必要です。

高齢者の方も身体の機能が低下している為、
症状が悪化する場合があります。
なんといってもノドが乾く前に
こまめに水分補給をすることが大切です。

熱中症、水分補給

最近どんどん認知されてきていますが、
室内での熱中症がとても危険です。

どうしても室内だと油断して
水分補給を怠りがちになりますし、
熱中症の大きな原因になる
湿度が高くなりやすいからです。
重篤化すると脳に後遺症を残して
言語障害などになってしまうこともある
熱中症はとても怖い病気です。
これからどんどん増えてくるでしょうから
細心の注意を払っていきましょう。

せきね