柔軟性の重要性

立川市、国立市、日野市!
ホリスティックたちかわ整骨院スタッフが情報を提供してまいります!

こんにちは!

今回は身体の柔軟性について
書いていきたいと思います。

健康増進、
運動能力の向上などなど、

もっと身体を柔らかく!
もっと柔軟性を!

と、よく聞いたり
私自身よく言ったりしています。

では、
なぜ柔軟性が重要なのか。

まず、
身体の柔軟性というのは
基本的に全身を覆っている筋肉の
硬さに左右されます

それにより
身体の柔軟性がないと
ケガをするリスクが
増えてしまいます。

なせがというと、
筋肉は例えて言うならば
ゴムと同じようなものです。

硬く質の悪くなったゴム
切れやすいですよね??

筋肉も同じです。

筋肉は同じ姿勢でずっといると
硬くなる特性を持っていますし、
猫背や歪んだ悪い姿勢で立っていたり
デスクワークをしたりして緊張状態でいると
次第に筋肉は硬くなってきて
筋肉の質が硬く悪いものに
なっていってしまいます。

柔軟

先程も言いましたが、

質の悪いゴムを引っ張ると
どうなるでしょう??

そう、切れちゃいます。

筋肉も同じように質が悪いまま
無理に動いたりすると
ブチっと切れてしまいます。

それが腰痛
酷いものであればギックリ腰
繋がってきてしまうんです。

つまり、
柔軟性を良くすれば
勝手に怪我の予防になっていく
ということになります。

本来することのないムダな怪我を
することがなくなりますし、
怪我をする前と怪我をした後だと、
した後の方が断然治りが遅いですし
なによりご本人が辛いと思います。


運動能力に関しても、
身体の動きがよりスムーズになるので
スポーツをするときだけでなく、
普段の生活の効率もアップします。


怪我の予防などの健康増進、
運動能力の向上などなど、

最初に言っていた、
もっと柔軟性を!
というフレーズ。

これを読んで
身体の柔軟性を高めることの
重要さへの理解を深める
お手伝いができたのであれば幸せです。

せきね