妊娠、産後に骨盤ベルトは必要か?

前回骨盤の痛みと骨盤ベルトについてお話ししましたが、今回はその続きで、妊娠、出産後に骨盤ベルトはしたほうが良いのか?についてです。

 

まず、女性は男にはできない出産という大事な使命をもって生まれて参ります。その為、出産に関係する骨盤は、特に大事で骨盤の状態が健康状態にも大きく影響を与えます。

 

妊娠、出産の後のむくみ、腰痛、腱鞘炎、悪祖といった症状のすべて、実は骨盤の歪みが影響しているのです。

 

女性の骨盤は、無意識に動きがあり排卵時に閉まり月経時に広がる、それを初潮を迎えてから閉経するまで妊娠と出産準備の為、リズム運動を繰り返します。

 

そして、妊娠すると胎児の成長に合わせて骨盤は開いていき出産直後から開ききった骨盤は閉じていきます。さらに、授乳することで骨盤はホルモンの影響で自然と閉まっていき元の状態に戻るのです。

骨盤1

 

ただ現代女性は歩くことが少なく運動不足な為、骨盤を支える筋肉が弱く妊娠出産時に、骨盤や腰の筋肉を傷め元の閉まった状態に戻りづらくなっています。

 

また、取り巻く環境により床上げの時期も早く、骨盤が完全に元の状態に戻る前に動いてしまうことで、骨盤が開き歪んだままになる事が多くあるのです。

 

では、骨盤を良い状態に保つにはどうしたら良いか?

 

そこで今回のテーマである骨盤ベルトの登場です!

 

妊娠時に骨盤ベルトを締めることで骨盤が安定し、骨盤や、腰を痛めるリスクを軽減し、産後の回復が早くなります。

 

産後巻くことで開ききっていて、ぐらぐらで不安手な骨盤を安定させ動作を楽にさせます。また、早期に骨盤を閉め、骨盤が開いて戻らなくなるリスクを軽減させます。

 

このように、現代の女性の妊娠、出産時において骨盤ベルトは必需品かもしれません。

 

ただその使い方を間違えたり、粗悪なものを使えば今回のママさんのケースのように逆効果になってしまします。そのリスクを考えなくてはいけませんね。

 

それに本来、バランスのとれた骨盤でしっかり筋力があり、正しい産前、産後ケアを行えば本来骨盤ベルトは必要ないのですからできたらそちらを目指して頂きたいと思います。

 

次回は骨盤ベルトの正しい使い方、どんなものが良いかをお話しさせて頂きます。

 

                         みやの