産前、産後の骨盤ベルトの着け方

今日は前回の続きで産前、産後骨盤ベルトの巻き方についてです。

まず骨盤高位(トレンデレンブルグ体位)で巻きます。

 

骨盤高位とは、仰向けで寝転がり両ひざを曲げ膝を頭より高く上げた姿勢で、

骨盤ベルトを着ける際は、かかとどうしを付け、つま先はVの字になるように開き、おしりの穴を閉めおしっこを止めるように力を入れた状態で、気持ちいいぐらいの強さで着けます。

 

着ける位置は、ももの付け根の出っ張った骨(大転子)をカバーし、恥骨をかするように着けます。基本、骨盤の前の出っ張り(上前腸骨棘)に架からないように巻きます。

とこちゃんベルト

骨盤ベルトはその物によって、また着ける位置によっては逆に悪い影響を体に与えます。

良い物で、適切な方法で着けてください。

個人的にはしっかり体型に合わせて着けかたが書いてあるトコちゃんベルトがいいんじゃないかと思います。

ただし、トコちゃんベルトも自分に合ったものを選びしっかり着けることは難しく、使用している人でも骨盤がゆがみ、恥骨周辺の痛みや、腰痛で来院される方は多くいらっしゃいます。

恥骨

産前、産後の骨盤のケアはその後の健康に大きく影響を与えます。

骨盤ベルトを巻いて安心しないで、しっかりと専門家の目で定期的な骨盤のチェックを受ける事がやはり大事だと思います。

みやの

産前、産後の骨盤ベルト